商品を購入する際は情報収集が大事

情報収集の仕方

商品を購入する際は、事前に商品情報を調べる事が大切です。他の方にとってとても良い商品が、あなたにとっても良い商品であるとは限りません。 購入する商品の目的や、用途が異なれば、ベストな商品も当然のことながら異なってきます。

そのため、商品の情報をできるだけ多く集めて、あなたの目的や用途にマッチした商品であるかを確認する事がとても大切です。 商品の情報の集め方は、様々あります。インターネットで商品情報をメーカーの販売サイトから収集する事を基本として、その商品の使用者の感想などもとても商品選びの参考となります。

また、商品が実際に売られているお店で商品にふれてみる事も 大切な事です。これは、インターネットや通販などで購入する場合ですが、購入してみたら、考えていた大きさと違っていた。 また、使い勝手がわるかったなどを防ぐ事ができます。

こちらは、人気商品の口コミ情報サイトです。
商品の購入での際に失敗しない様に商品の口コミや評判の情報を公開する予定です。

商品の口コミ・評判を調べるには?

商品を購入する際の情報は、人気のポータルサイトヤフーでも多くの情報を集める事ができます。

口コミって何?
商品の口コミとは、自然発生的にその商品の使用者が普段の会話、電話などでその商品の事を話題として取り上げ、感想を述べる結果、その情報が広まったものです。
口コミ情報は、いい情報だけでなく、悪い情報も良く広まります。 また、ブログなどで使った感想を書き留める方もおられます。これも、そのブログを見た方がさらにその情報を他の方に伝える事が多く、口コミとして広く情報が伝わり易いです。

口コミ情報の良い点
口コミ情報の良い点は、何と言っても商品の販売者ではない、第三者の視点から商品が評価されている事です。
また、用途、目的のことなる様々な人の使用感なので自分の使用用途や目的と同じ方の商品評価であれば、その情報は購入を判断するための有力な情報となります。
客観的に商品が評価されるので、第三者の情報は信ぴょう性もあります。

口コミ情報の悪い点
残念ながら口コミには、悪い点もあります。風評というのを聞いた事があるでしょうか。実際は、問題ないものでも、悪評が広まる事です。
例えば、先日、宮崎県で牛の伝染病である口蹄疫が広がりました。この結果、牛肉だけでなく、他の食料品も宮崎県産の物は売れなくなりました。
これは、問題の無い商品まで、品質がわるい、或いは危険だとの認識を持ってしまい。その情報が広まった結果です。
風評は全て、誤った情報なので、多方面から情報を収集して、その情報の真偽を見極める事が大事です。

また、意図的に口コミ情報がねつ造される事もあります。商品の販売者が第三者に良い口コミ情報を広めるように依頼した場合です。
これも、広く商品の情報を収集すれば、偽物の情報か、それとも本物の情報かは判断する事ができます。
本当に悪い商品の場合は、幾ら商品の販売者が良い口コミ情報を広めるための情報操作をしようとしても、自然と悪評が広まります。

情報収集しよう
情報収集するには、身近なメディアを利用するのが一般的です。例えば、書籍、インターネット等です。
書籍はMONOマガジンやその商品分野の専門月刊誌や週刊誌がとても参考になります。その商品分野での売れ筋は何か?今現在の人気商品は何かがわかります。

また、新商品の情報収集やレア商品の発掘をする事も出来ます。書籍の一番の欠点はタイムラグがある事です。
実際に商品の発売が決まってから、雑誌になって私たちの手元に届くまでは、商品の取材期間、雑誌の製作期間、雑誌の流通期間などがあり、どうしても時間的な遅れが生じます。
ですので、雑誌などは1月ぐらい前の情報と思って情報収集する必要があります。

次に、インターネットです。これは、ブログの情報であれば、最短で情報が書き込まれてブログのサーバーにアップロードされた瞬間から、その情報を読む事ができます。
なので、本当に最新の情報を収集する事ができます。また、商品販売者とまったく関係がない第三者であることがほとんどなので、その情報の信ぴょう性もあります。

購入する際は比較も大事
商品を購入する際には使用目的の同じ商品と使用目的の類似商品を比較する事が大切です。
最初から1つの商品に決めてしまうと、あとで良く良く調べたらもっと使用目的や用途に合った商品があることに気付いて後悔する場合があります。

まずは、商品の口コミや評判の情報を集める前に、どの様な商品があるのかをリストアップする必要があります。
できれば、性能表の様な物を作って商品の比較をするのが望ましいと思います。
比較表があれば、どの商品が自分の用途に合っているかを判断するのが容易になりますからね。
比較は、価格や大きさ、それに重さなど、必要な性能などを比較します。そして、どの項目を優先させるかも決めます。
価格の安さを優先させるのか、それとも性能を優先させるのか、それによって選ぶ商品も当然のことながら変わります。

最近、友達が西日本で有名なトラピックスで旅行に行ったのですが、値段の割には内容が充実していてよかったそうです。
今はデフレ時代と言われていますから、安くても良いものはあります。
旅行などのサービスも商品の一種なので、サービスを申し込む前にも商品と同様に複数企業の類似サービスを比較するべきです。

友達は3社ほどの旅行会社を比較をした結果、最終的に阪急交通社のトラピックスを選択したそうです。
友達はバスの旅が好きな様で、週末に楽しめるバスツアーが豊富にあったからとのことです。
自分で運転をしないバスの旅は気楽でいいですよね。旅行代理店の阪急交通社、トラピックスには、様々な旅行ツアーが用意されているそうです。お得感のある楽しい旅の思い出を作りましょう。

購入商品を決めたら
さあ、あなたは、商品の比較をして、そのあとその商品の口コミ情報を調べました。そして、これだという商品を見つけました。
その後、あなたは商品を購入する事になるのですが、あなたは、どこで購入しますか。
近所のお店ですか。それともインターネットでの通販ですか。これもどこから購入するかを調べてから、実際に購入をしましょう。
一般的には、インターネットでの購入の場合、商品の価格は安いですが、送料というものが発生します。
なので、一概にインターネットの方が、近所のお店より安いとは言えません。
インターネットで最安値のお店を調べて、そのお店と近所のお店を比較する必要があります。

商品購入時の注意点
あと、念頭に入れておかなければならないのが、アフターフォローです。特に電気製品の場合は、万一故障した場合、どの様にして修理するかが問題になります。
また、無料での修理期間があるのかなども検討しておく必要があります。
現在は、インターネットからの購入でもしっかりとしたアフターフォローがある場合が多いですが、アフターフォローがどうなっているかを確認する事は重要です。

さらに、商品購入前に一定期間商品の返却ができるクーリングオフ期間が設定されているかをチェックすることも大切です。 通信販売は原則として、法律上のクーリンクオフの対象には該当していません。 ですが、販売者が独自に自社でクーリングオフ期間を設定していることは多々あります。なので、商品の申し込み前にクーリングオフについてもしっかり確認をしておきましょう。

情報収集時のポイント
インターネットは情報収集する時にとても便利です。 しかし、その情報の信ぴょう性は自分で判断するしかありません。 インターネットで商品情報を探す時は、複数のWEBサイトをチェックする事が大切です。 複数のサイトをチェックすれば正確な商品情報を入手する事ができますからね。

ネットで商品の口コミ情報を探す際に便利なのは、amazon.comの商品評価と、価格.comの商品レビューです。 価格.comに書かれている評価記事は実際に商品を購入した方が書き込んでいるので、その信憑性はかなり高いと言えます。 ですが、amazon.comの方は、商品を購入していなくてもレビュー記事を投稿することができ星印での評価までできてしまいます。 ですので、アマゾンでの評価ははっきり言えば、商品を販売している会社の社員がステマをやることができるわけです。 また、その商品のライバルメーカーが悪評を書くこともできるわけです。 ですので、アマゾンに書かれている商品評価は、参考程度に考えた方が良いでしょう。

電化製品でしたら、大型郊外店に行って実際に展示商品を見て、どの商品が良いのか実際に触ってみて選び、その後、インターネットで最安値で販売している業者から購入をすれば良いでしょう。 これは電化製品に限らず、量産されている商品ならなんにでも当てはまることです。 たとえば、ボールペンを購入する際にも、文房具を売っている近所のお店に行き、そこで自分にとって書きやすい商品を選び、実際に購入するのはアマゾンなどの送料無料で商品価格の安い所で買えばよいのです。 情報収集はリアル店舗で行い、商品は価格の比較ができるインターネット上の店舗で購入をすると、安くそして良い品が手に入ります。

友達の口コミ

商品を購入する際は、友達からの情報も大切にしましょう。 友達ネットワークから得られた情報は、ほとんどの場合、その友達が使った商品のことなので、リアルにその商品の良しあしを知ることができます。 また、友達が持っているものは欲しくなりがちです。 友達と同じものが欲しいと思っている方は、購入前にその友達にその商品の使用感を聞いてみると良いです。

また、実物を見せてもらえる場合は、実際に見せてもらって使い心地が良いかを確認すると良いです。 商品を写真で見るのと、手に取って感触を確かめるのでは、印象がガラッと変わることが多々あります。 また、友人から情報を貰うだけではなく、積極的に情報を発信することも大切です。 友達から、これ言いねと言われるグッズを持っていたら、友達に触らせてあげましょう。 そうすることで、その友達はあなたに感謝することになるし、その友達の所持品であなたがいいなぁと思っている物があった場合に、触らせてもらって使用感を確かめることができる可能性が高くなります。 ただし、周囲の人と、バックや靴、衣服がダブるのが嫌だという人は多いです。 そういった人でも例えば、化粧品やシャンプー、リンスなどは友達と同じ物を使ったとしても、その友達は嫌がらないはずです。 目にじかに見えるものは友達とダブった場合、誰の目で見てもわかりますが、そうでない上記の例に挙げた様なものはダブっていても誰も気付かないです。 ですから仮にダブっていても自分も友達も嫌な思いはしません。

おすすめサイト

バイクを売るならここだ−バイクやオートバイでのツーリングは楽しいですよね。 でも、バイクに乗っていないならそのバイクは売る方が良いでしょう。 次のライダーにあなたのオートバイを譲りましょう。 車庫などに置いておいてもモデルチェンジで型落ちするだけです。 型落ちしてしまうとバイクの買い取り価格は大幅に下がってしまいます。 そうならない様に、もし乗っていないバイクがあるなら早急にそのバイクを売るようにしましょう。 きっと、あなたの愛車も次の人に乗ってもらえることを待っていますよ。

【IT・エンタメニュース】
  • VRは低迷ゲーセン救えるか
  • アリババが世界最大の流通に
  • 卓球台に見る米IT業界の変化
  • カトパン告白 有働アナに嫉妬
  • シビック復活へ ホンダの勝算
  • 羽田滑走路 工事やり直し必要
  • カタログと実の燃費 なぜ違う
  • タカタ「私的整理」可能性も
  • 好楽 後任は「円楽以外なら」
  • Siri開発者 新ソフト公開へ
Copyright (C) 人気商品@口コミ・評判 All Rights Reserved.
※無断コピーはできません。当コンテンツは著作権が適用されます。